日帰り旅行にこそ格安航空券が大活躍します

日帰りでも遠方への旅行は可能です

旅行には出かけたいけど、まとまった休みが取れない人は少なくありません。日頃のストレスを発散させるためには、どこか遠くへ出かけることも有効な手段です。まとまった休みが取れないと日帰り旅行にせざるを得ませんが、飛行機を利用すれば遠方への旅行も可能です。例えば東京駅から博多駅まで行く場合、飛行機を利用すれば片道約3時間50分でアクセスできます。朝10時頃に福岡空港に到着する飛行機と、夜6時頃に福岡空港を出発する飛行機を選べば、夜10時頃には東京には到着します。これだけの時間が取れれば、ゆっくり観光を楽しむことができるでしょう。航空機の値段が気になれば、LCCの格安航空券を利用すると良いです。また主要な空港であれば、LCCの便も数多く存在するので、上手に活用すれば行き先のバリエーションを増やすこともできます。

飛行機代が半額になるケースも

飛行機を使って日帰り旅行を楽しむ場合、ネックになるのが運賃です。例えば東京から博多まで日帰り旅行をすると、片道の飛行機代だけで約25,000円かかります。つまり、往復の交通費だけで50,000円を超えてしまいます。少しでも運賃を抑えるためには、LCCなどの格安航空券を活用する方法が有効です。ところで東京近郊の場合、LCCは成田空港発の便が多いです。成田空港から福岡空港まで安い便だと片道約12,000円で搭乗することができます。往復でも25,000円以内におさまるので、通常料金の約半額で日帰り旅行を楽しめます。日帰り旅行ならば宿泊費の心配がなく、交通費さえ節約できればリーズナブルな旅行プランを立てることができます。日常生活が忙しい人こそ、格安航空券を上手に活用して日帰り旅行を楽しめるのです。